高スワップの落とし穴

まだFX初心者だった頃の話です。高金利スワップで有名な豪ドル円に魅力を感じ、買ポジションを持つことで儲けようと考えました。始めた当初は円安トレンドが続いていたため、スワップでも儲かりデイトレードでも儲かっておりとても順調でした。

 

しかしある日、豪ドル円が円高トレンドへと転換された後、高スワップで稼いでいたポジションがどんどんと赤字になってしまいました。私は、高スワップなので時間が経てばポジション的に有利であり、かつ、高スワップであることから円安トレンドへ傾きやすいため問題ないと判断していました。

 

これが大きな勘違いでした。いわゆる「損切できない病」にかかってしまっていたのです。気が付いた時にはすでに遅く、保持していたポジションは大赤字になり、どうしても損切できず、果てには強制ロスカットされてしまいました。

 

後から考えると、ちゃんと損切ポイントを計算しておけばよかったです。そして、損切用オーダーを出しておく必要があったのではと深く反省しました。当初、個人的に調査した時では、スワップ運用はお勧めしないというサイトが非常に多かったにも関わらず、まんまとその罠にはまってしまったのです。

 

スワップ運用というよりも、損切をしっかり行うことの大切さを体で学ぶことになりました。

 

私自身にも言えることですが、
損切りをしっかりできないうちは、勝てないですよね。

スワップで失敗関連ページ

スワップ狙いのつもりで失敗
FXに関する体験談に現役プロトレーダーがアドバイス!
相場の急変で失敗
FXに関する体験談に現役プロトレーダーがアドバイス!
堅実に取引せず失敗
FXに関する体験談に現役プロトレーダーがアドバイス!